読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第1ステージ

今日は、落車の日でした。

まずは、コンタドールが、前方が残り78km地点で、落車。
なんということ……。

少し手前の、86km地点くらいから、集団はずっと横風作戦をしていました。
横風作戦は、簡単に言うと、横風に強い選手が前方でスピードをあげて先頭交代をしまくることで、集団の分断をはかる作戦、です。
分断された後ろに、ライバルチームがいた場合、自分のチームのエースとのタイム差をつくることができます。
去年のツールも、ほぼこれがそのまま最後の1位と2位のタイム差になってしまった、結果が後々まで響く作戦です。

時速60km近くまで集団のスピードが上がっている中、コンタドールが苦しそうな顔をしているのが見えたのですが、
カーブを曲がりきれなかったのか、中央分離帯に乗り上げる形で大きく転んでしまい、右肩のジャージが破れて、肩から血が……。
うわああ……。


それでも、自転車を乗り替え、走り出すコンタドール
集団前方にいたティンコフは、5人下がってきてコンタドールを引き上げにかかります。


一方、メイン集団では、カンチェラーラが集団の前方に出て、速度を落とそうとする様子。
けれど、中間スプリントまで残り5km。
集団も、速度を落としきりません。


それでも、中間スプリントがおわってスピードが落ち着いたとき、コンタドールは集団に戻り、ドクターカーを呼んで治療をして走り続けました。
骨とかには、影響がなさそう、とのことだったのですが……まさか、初日に、コンタドールがこんなダメージを受けるとは……。



そして、先頭が残り27kmを切った時点で、今度は新城幸也が落車です。
こちらもドクターカーを呼んで、左手に包帯を巻いていました。
指、かなあ……。




そして、いよいよ残り1km。
今日はスプリンターのステージなので、各チームがトレインを組んで入り乱れた状態で、フラム・ルージュを通過します。
キッテルを擁するエティックス・クイックステップカヴェンディッシュをに勝たせたいディメンションデータ、そしてドイツジャージを着たグライペルをひくロット・ソウダルがトレインを組む中、サガンは相変わらず他チームの後ろに位置取り。今回はキッテルの後ろに陣取ります。

そして、最後のカーブを曲がった瞬間。
集団の前方付近で、ゴールから向かって左側で、カチューシャの選手が落車。
それが左側の選手まで順々に連鎖して、続々と数人の選手が大きく落車し、一旦道が閉じだ状態になってしまうほど……。

その状態で、前方に切り離された状態のスプリンター陣。

一番最初に仕掛けたのはサガンです。
ぐっとスピードを上げ、一瞬他のスプリンターを引き離し、これはステージとるのでは!と思いましたが、かなりゴールまで距離があるところからのスプリントをしていたようで、サガンの左後ろからスピードを上げてきたキッテルに抜かされてしまいます、

かと思いきや、

キッテルと逆側から来たカヴェンディッシュがぐぐっと伸びて前方へ!

キッテルの脇からグライペルも上がりかけてますが、
サガンも、キッテルも、グライペルも、誰も、届かず。

カヴェンディッシュが第1ステージ&初日のマイヨ・ジョーヌ(総合1位の黄色ジャージ)をとりました!


カヴェンディッシュのアシストである、マーク・レンショーカヴェンディッシュが、抱き合って勝利を喜んでいました。

今シーズン、カヴェンディッシュは、以前のエティックス・クイックステップから、ディメンション・データに移籍をしているのですが、その際に、アシストであるマーク・レンショーも一緒に移籍しているんですね。

カヴェンディッシュ、移籍して、ちゃんとツールで結果を出せてよかったです。


だけど、まさか初日でこんなに落車が起こるとは……。
やっぱり、平坦ステージって、スピードでるから危険なんでしょうか。

うう……。
速いステージは好きだけれど、落車は、好きじゃないです……。
頑張っている選手が、一瞬で夢破れた姿を見るのは、やっぱり辛いです……。


まあ、見てるこちらが落ち込んでも仕方ないので、
切り替えていきましょう!

まだあと、20ステージもあるのだから!!

Amazon.co.jpアソシエイト