コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

クリテリウム・ドーフィネ 第6ステージ

今日は、大変な山岳ステージでした。
コース全部で141kmで、山岳が1級、2級、超級、1級、でラストが1級ゴールっていう、山あり谷ありなステージ。
っていうか、考えてみたら、山岳ステージ、ほぼ山あり谷(下り)ありなステージのことですね。


今日は、Jsportsの中継がはじまった残り33km地点の段階で、総合系のアーゼードゥーゼルのバルデやエフデジのピノーが先頭で逃げていました!
コンタドールやフルームは、メインのプロトンにいて、約2分差くらいで追う形でした。
この時点では、総合タイム差の関係で、バーチャルリーダーはバルデ!っていう状態がしばらく続きます。


アシストに守られながら先頭で逃げていたバルデは、残り10km地点で、アタックをしかけ一人飛び出します!

すぐさまピノーが反応しますが、ついていけません。

ただ、その反応したピノーにも、他に逃げていた選手が追いつけないっていう事態。
しばらく、バルデもピノーも一人ずつで逃げる、それを追う、という展開になります。

一方、現在リーダージャージ着用中のフルームは、約2分30秒くらい後ろを走っていたのですが、
このスカイコントロールのプロトンをひくのは、ランダ!
こないだは体調悪くてリタイアしてしまったけれど、ジロのエースを任されていたくらいの選手です。
山強い!なので、みるみる先頭のバルデとの差を縮めていきます。


しかし、残り8.6kmくらいで、ピノーがバルデに追いつきました!
そして、二人で先頭交代しつつ、逃げを続けていきます。
フランス人期待の総合系二人が、協力しての逃げ!


残り5kmくらいで、先頭とプロトンとの差は、1分45秒くらい。

逃げ切り勝利はもう確定といってもいいのですが、問題は総合リーダージャージの行方です。
バルデとフルームの総合タイム差は、今日のスタート時点で、1分34秒。

ステージ優勝にはボーナスタイムがあるので、バルデが何位でゴールするかで、フルームとバルデのタイム差に変動があります。
こんだけ仲良くふたりで走っているということは、
おそらく、ステージ優勝はピノー獲るかわりに、バルデとピノーでゴールまで二人で協力して走って、できる限りバルデはフルームとの差をつけて総合リーダージャージ獲得を狙うはず!


と、思ったら、残り3km地点で、バルデがアタック!!

ええ!?あ、そうなるんだ!
しかし、ピノーも粘ってついていきます。


そして、バルデとピノーのゴール前山岳スプリント!!
バルデが先に仕掛けますが、ピノーが後ろからついていく!
徐々に横に並び、そのままバルデの前に出てゴール!!
おお。ピノーが競り勝った!


ピノーの優勝が決まったその瞬間、ほぼ同時に、プロトンでも動きが起きます。
エティックス・クイックステップダニエル・マーティンがアタックを仕掛けて飛び出す!
すぐに反応する、スカイのフルーム。
反応はしたけど、追いつけないティンコフのコンタドール
反応できずに、徐々に差が開いていくBMCのリッチー・ポート。
総合勢の明暗。


ダニエル・マーティンがそのまま3位、マーティンに3秒差でフルーム。
コンタドールはフルームと8秒差でステージ6位。
リッチー・ポートはさらに遅れて、フルームと14秒差です。


そんでもって、本日のステージ後の総合成績では、
フルームがそのまま1位をキープしました!
21秒差で、リッチー・ポートと、バルデが同タイム差で2位です。
バルデ、昨日の時点では11位だったのに、一気に順位があがりました!
4位は、昨日と変わらず、ダニエル・マーティン
5位が、昨日の3位から順位を落とした、コンタドールとなりました。



そして、本日最後の山岳ゴールのポイントをとったことで、ピノーと、本日山岳ジャージを着ていたテクレハイマノットの山岳ポイントが並び、山岳賞がピノーになりました!
同じポイントだったときに、より難しい山の1位とった数が多い方が、山岳賞になる……みたいなルールがあるはずなので、それに則ってピノーが山岳賞なんだと思います。
(ツールは確かそういうルールだったと思います……ドーフィネが違うルールだったらごめんなさい)


まあそんなこんなで、明日で終わるドーフィネですが、フランス勢が盛り返した感じで今日のステージが終わりました!

最終日にあたる明日の第7ステージは、今日ほど山が大変なステージではないんですが、それでも1級山岳も二つあります。
総合順位も、あと山岳賞も動きそうですね。


フルーム、このままドーフィネとっちゃうのかな。
個人的には、コンタドールに盛り返して欲しいって気持ちがあるんだけど、
もっかいフルームの超スピードマウンテンアタックを見たい気もします。

Amazon.co.jpアソシエイト