読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 第11ステージ

今日は、比較的平和な平坦ステージだったのですが、
残り20kmくらいから俄然目を引く争いでした。

本日のコースは、ずぅぅぅっと平坦が続いて、最後の22kmくらいで4級山岳を登っておりて、そのあとちょっとアップダウンが続いてゴールっていうステージでした。

昨日はスカイのエース、ランダがリタイア、今日はジャイアント・アルペシンのデュムランがリタイアということで、総合の有力選手がいなくなってしまい、いろいろ各チームの戦略がかわって、すわ面白くなるぞって思ったら、比較的、最初ずっと、平和な感じでした。
とは言っても、最初の方は平均時速51kmとかで「TTかっ!?」っていう感じだったんですけど。


残り22km地点くらいの4級山岳、クネゴが山岳ポイントを狙ってか、集団を率いて逃げを追いかけるのですが、山頂直前で途中失速。
代わりに前に出て、山岳ポイントを獲得したのは、ロットNLユンボのクルイシュビック、モビスターのバルベルデ、オリカのチャベス。山岳はとれませんでしたが、四番手にニバリがつけてました。

そのまま下りのコースに入るのですが、
この下りが森の中でくねくねしまくってて、まさに、自分では走りたくないけど見るのはとっても面白いコース!!

イタリアの下りが得意な選手といえば?
そう。アスタナのニバリです!!
そんなわけで、ニバリが下で前にでてガンガンひいて、後ろを引き離しにかかります。なんとか後を追ったのは、モビスターのバルベルデとオリカのチャベスだけ。

をを、ついにニバリ行くか!?
と思ったのですが、下りが終わったタイミングで、3人の中で牽制が入り、スピードがあがりません。
たぶんニバリとチャベスは逃げたいのですけど、モビスターのバルベルデが、すぐ後ろの集団に現在総合2位につけているチームメイトのアマドールがいるので、どうせなら二人でいいタイムでいきたいから、逃げたくないようです。

結局この3人は、集団に吸収されてしまうのですが、
そこですぐに今度はその待っててもらったアマドールがアタックをかけます。なんでやねん!じゃあバルベルデも逃げてよかったじゃないか!
すぐに追いかけるのは、現在マリア・ローザ、大活躍中のエティックス・クイックステップ、ボブ・ユンゲルス!
そのまま2人で逃げ始めます。

総合現在1位と2位が集団から逃げているのに、総合勢、だれもチェックしないんだ……不思議……。


しかし、残り5kmで、集団でアシストが活性化し、トップの二人との差を詰め始めます。
ランプレのコンティ!!
っていうことは……。

そう。
残り4.4kmでウリッシが集団から飛び出す!!
そのままトップに追いつきます。
先頭は、ユンゲルス、アマドール、ウリッシの3人に。


残り3km、今度はニバリが前方に行こうとアタック!が、ティンコフがチェック、すぐに集団に吸収されます。
うーん。


ウリッシが追いついてから、先頭ではユンゲルスが何かを吹っ切ったかのように、
全力で引き始めます。
とにかく、後方のライバル総合勢との差を少しでもあけることに、力を注いでいる感じです。


結局、ほぼユンゲルスの引きで、集団を追いつかせず、3人でスプリントになります。
まるで中間スプリントポイントみたいな感じで、すんなりウリッシがスプリントを決めて、ゴール!
ウリッシ、今回のジロ2勝目です。
2位はアマドール。3位が、ユンゲルスでした。

この3人は同じタイムでのゴールだったので、ボーナスタイム(ゴール早く着いた選手のタイムから、順位に応じた規定の秒数をマイナスする制度)の関係でちょっとだけユンゲルスはアマドールからタイムを失いますが、本日はユンゲルスがマリア・ローザをキープしました!

逆に、アマドール以外の総合勢の選手からは、1分以上の差をつけました。
「ウリッシきたからスプリント勝てないから、総合とのタイム差開くんだ!」って開き直った効果が出た感じ。根性あるね!ユンゲルス!


そんあこんなで、ラスト20kmくらいからとっても面白かったステージでした。


それで、
レース終わってから、今日なんでモビスターが、バルベルデはニバリとまわらずアマドールを待ったのに、アマドールはユンゲルスと先頭交代しながらゴールしたのか、考えてました。


ジロは21日も走る、長い長いレースです。
あと、まだ、半分もあります。

今日もしもニバリとバルベルデが逃げてゴールをしていたら、ニバリとアマドールのタイム差が開く可能性がありました。おそらく、それを嫌がったから、バルベルデはニバリと一緒に逃げようとはしなかったのではないかと思います。

結果的に、アマドールとユンゲルスが逃げて、ニバリ、バルベルデはマリア・ローザであるユンゲルスとのタイム差が1分以上に広がりました。
おそらくですけど、まだ若く実績もそんなにないユンゲルスなので、
ここからのステージで、ユンゲルスは最終的に総合1位争いからは脱落してしまう、と予想されているのだと思います。

この先のレースでユンゲルスが遅れてしまうと、モビスターにとって今日のレースは、
マリア・ローザとバルベルデが1分差がついてしまったレース、ではなく、
ニバリとバルベルデに差ができず、アマドールがニバリとの差を広げたレース、になるということです。
そして、そっちの方が重要だと思ったから、アマドールはユンゲルスと二人で先頭交代をしながら逃げたのではないかな、と。


難しく書きましたが、簡単にまとめると、
「今1位のユンゲルスよりも、ニバリのが怖いよ!!」
っていう戦略だと思いました。


なんだか、こう考えると、
ユンゲルスには大変失礼な話ですね。



明日は、今日よりもっと平坦なステージです。
グライペルがくるのかなー。

……ロット・ソウダル、普段からジャージ真っ赤だから、
グライペルが赤いポイント賞ジャージ着てても、全然特別感がないのが、なんだかちょっぴり残念です。

Amazon.co.jpアソシエイト