読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 第9ステージ

エティックス快進撃続く。


今日は個人タイムトライアルでした。
なので、重要なのは、お天気。

雨が降ってしまったのですよ。
そして、後半になればなるほどひどくなって、前半に走った選手と後半に走った選手で、全然コンディションの違う中を走らなければならなくなってしまいました。

わたし、TTはけっこう好きなステージなんですが、
雨の中のTTは見てるこっちが怖い!と、いうことを学びました。
タイヤ細いし、滑るし、もう転びそうで転びそうで……実際に転んでる選手も結構いました。


ステージレースで、初日のレースで行われるTTの場合はチームごとに一人ずつ走りますが、レースの半ばに行われるTTでは、その時点での総合順位の遅い順に走ります。
ですので今回、TTが強くて、かつ現在総合順位の高いザッカリンやデュムランは、ステージ優勝はかなり厳しくなってしまい、もっぱら注目は、総合順位がどうなるか。

昨日の時点でマリア・ローザをとったブランビッラは、TTのスペシャリストではないので、
総合2位のザッカリンに勝つことはむずかしいだろうと思われました。



実際走り出すと、やっぱり雨の中とはいえ、ザッカリンは速い。
総合上位陣では、現在マリア・ビアンカ(25歳以下で、総合順位が一番高い選手)を着ているエティックス・クイックステップのユンゲルスがかなりいいタイムを出していましたが、それでもザッカリンの総合順位にはかなわないだろう、っていう見解でした。

でも。ザッカリンは、途中で落車してしまいます。
その後走り出すも、落車の影響からか、また一度自転車を降り、交換。
ラストのコーナーでも、また落車。

やっぱり雨こわいよ……。

ジャージを手放すことが予想されていたブランビッラでしたが、
決して手を抜かずに走る。雨でしたが、下り坂、きれいでした。
結果、総合成績、チームメイトのユンゲルスと1秒差で、マリア・ローザを死守!

そんなこんなで、
現在総合1位、2位がエティックス・クイックステップになりました。
総合狙ってないチームなのに、こんなことってあるのですね。




優勝したのはロットNLユンボのログリッチ
数年前まで、スキージャンプの選手だった、珍しい経歴の選手です。

もともと第1ステージでも、1位だったデュムランとコンマ差で2位でしたので、
今回、天候が味方してくれたとはいえ「第1ステージ、まぐれじゃないぜっ!」てとこ示せてよかったなって思いました。

それと、
第2ステージ、第3ステージを勝利し、ポイント賞暫定2位だったキッテルは、本日走りませんでした。
本格的な山がはじまる前に、ジロからはリタイアです。

Amazon.co.jpアソシエイト