読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

アムステルゴールドレース 2016

今日は、最近ずっと2位が多かった、ヴァンマルクに勝ってほしいな、とか思ってました。
SKYがトレイン綺麗に並べているのを見て、ああ、これはクヴィアトコウスキーが有利かな、とか思っていました。

前半からけっこう落車が多かったレースみたいで、雨も降っていて、見ていて不安になる感じでした。
前半で逃げが決まって、少なくとも中継がはじまった時には、3分以上の差をつけて逃げグループが逃げていました。

坂、坂、坂なレース。

残り20km地点で、逃げ集団は吸収。
残り18kmで、クヴォアトコウスキーが登りについていけず遅れてしまいます。
ボアソンハーゲンは、残り9kmくらいで集団から遅れてしまいます。
残り8km地点で、ティンコフのクロイツィゲルがアタックをかけます。
次いで、ロットソーダルのティム・ウェデンスがそのアタックを追いかけつつ、クロイツィゲルを追い越し、引き離していきます。
殘り6kmでヴァンマルクがアタックをしかけ追いかけますが、届かず。
タイム差がどんどん開いて、殘り4km地点くらいで、20秒差。

しかしそこから、集団が少しずつペースをあげ、徐々に差が狭まっていきます。
殘り2.5kmで、12秒差。登りに入ります。
集団をひくのは、ロット・ンLユンボのヴァンマルク。

そして、ガスパロットが、集団から飛び出して一気に差をつめ、先頭に躍り出ます。
ティンコフのヴァルグレンが後ろから追いかけていきます。

殘り1.6km地点で、ヴァングレントとガスパロットが、二人で集団を引き離す形へ。
ヴァルグレンが前に出て、ガスパロットをひくような形になります。
残り150mで、ガスパロットがヴァングレントの右側から出てくる形でスプリント。

そして、ガスパロットが。
ワンティのガスパロットが。
両手を、空に向かってつきあげながら、
勝った……。

覚えていますか?
ワンティは、先日のヘント〜ウェヴェルヘムで亡くなった、デモワティエが所属していたチームです。

私、ゴールの瞬間まで、気付かなくて。
知識としてもちろん知っていたはずなのに、
見えているワンティのジャージが、あのワンティというチームのものだっていうのが、なんか一致してなくて。
ゴールシーンで、空に向かって両手で指をさしたのを見て、
「あ……」
ってやっと気づいて、
そしたら、涙が、あふれてしまいました。


デモワティエに、勝利を捧げることができて、よかったねって気持ちと、
プロコンチネンタルチームなのに、すごいっていう気持ちと、
でも、きっと、本当は、
デモワティエと「おめでとう」って、一緒に祝い合いたかったんだろうな、って気持ちと、
いろいろ入り混じって、よくわからなくなりました。


ただ、この勝利で、
デモワティエへの物語が、一つ、終わることになるんだろうなって思いました。

もしも数年後、先日のデモワティエの事件がサイクルロードレースの歴史本に載ることがあれば、その章のラストは、このレースのガスパロットの勝利で終わるのでしょう。

優勝したガスパロットに、記者がインタビューで聞きました。
「今日は、天使(デモワティエ)が肩にいたから、勝てたのですかね?」
ガスパロットは答えました。

「チームみんなの肩に、天使がいたから、勝てたんです」


とても感動的な勝利でした。
でも、こんな形の感動が、今後起きなくてすむように、願います。

Amazon.co.jpアソシエイト