読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・デ・フランドル 2016

アルカンシェルの呪いが、フランドル100回大会でとけた……!!

キング・オブ・クラシックの名を冠する、ツール・デ・フランドル

優勝予想としては、今年がプロ生活最後の年になるカンチェラーラと、
今シーズンに入ってから2位をとりまくって、先週とうとうヘント〜ウェヴェルヘムでアルカンシェルを着てはじめての勝利を飾ったサガンが、有力でした。



残り90km地点くらいで、アタックをしかけたのは、
なんとグライペル!!

えええ!!?グライペルって、スプリンターなのに、この距離感でどうするの!!?

って思ったら、プロトンのみんなも思ったみたいで、みんな追いかけない……。
なんか振り向く姿が寂しそうだよグライペル……。

そのうち、カチューシャの選手が1人そばについて、グライペルは二人で逃げます。
カチューシャもロットも同じ赤色なので、前からみると同じチームに見えるのですが、
上から見るとカチューシャは分かりやすいので一目でわかります。


しばらくすると、また集団から何人が抜け出し、逃げ集団が結成。

プロトンは、トニー・マルティンがひくひく。
すごい力で抜いて、後ろの選手に(主にトレック)足を使わせます。
ティンコフやトレックのアシストの選手を疲れさせる作戦のよう。

前の逃げ集団に多少動きが出ても、
グライペルは残り続けます。一人でぐぐっと逃げたりもします。
かっこいい……!!
グライペルはここでルーランツを待っているのですが、……こない。

サガンカンチェラーラも、逃げ集団を先陣切って負わなければならない展開に。
その集団に、ボーネンが入れない……。

そしてついに、残り33km切ったあたりで、
サガンとクヴィアトコウスキーがアタック!!
そこに、セプ・ヴァンマルクが続きます。

カンチェラーラは、トレンティンやオスに続いて追いかけようとするのですが、思うように追いつけません!!?

3人はそのままぐいぐいと逃げ集団まで行って合流しまうのですが、
カンチェラーラは後方集団に取り残されたまま。
トレックは、アシストが一人……。

どうなるのだ、と思っていてのですが、残り25kmくらいから、
プロトンで、アスタナやエティックス・クイックステップも協調体制にはいり、前方集団を追い始めます。


そして、残り18km地点の石畳、クワレモント。
ここまでがんばって先頭集団まで残ってた、グライペルがきつそうに……。

石畳の曲がり角で、なかなか姿が見えないなあと思っていたら、
現れたのはカンチェラーラ!!

ええええ!!いつの間に!!?

だがしかしサガンも逃げる逃げる
一緒にヴァンマルクも逃げる!

クヴィアトや他の選手はついていけない!?!


サガン、ヴァンマルク、15秒遅れてカンチェラーラ、さらに数秒遅れてテレプストラ、あとエルヴィティともう一人。

一人で追いつくのはきついと見たカンチェラーラは、後ろと合流します。
カンチェラーラとテレプストラはTTスペシャリストなので、
平地は圧倒的に有利。
このまま追いつくのだろうかと思ったら、

差が、縮まらない……!!?

ヴァンマルクはほとんどひいてなくて、サガンが一人で先導。
TTスペシャリストと互角の走りのサガン
すごぉぉぉい!!


石畳の坂、パーテルベルクで、
サガンがシッティングでヴァンマルクを引き離し、独走状態へ!!

カンチェも後方を引き離し、ヴァンマルクのところまでは追いついたものの、
そこで、石畳が終わり最後の平坦へ。

カンチェラーラはヴァンマルクを引いて、ときどき先頭交代しながら二人でサガンを追いかけるのですが、
差が、縮まらない……!!?


ものすごく足がまわっているサガン
一向にスピードが緩まないサガン
TTスペシャリストに、平坦で一人で差をつけるサガン
アルカンシェルを着て、100周年のツール・デ・フランドルで勝利を飾ろうとしているサガン


かっこよすぎてどうしていいかわからない。


そして、その距離を詰めさせることなく、
独走でもってサガンが勝利!!!

圧勝!!



遅れて、ゆっくりと2位でゴールする、カンチェラーラ
観客の声援に応えるように手を振る姿は、はやり一時代を築いた伝説の王者の風格がありました。
大丈夫。ヴァンマルクが、2位を争うことなく3位でゴールに入ったのも、
カンチェラーラへのリスペクトが見えて、私はちょっと好きだった。

あと、サガンはゴールしてから、ウィリー(後輪だけで立ち上がってハンドル片手で持ってポーズするやつ)してた。
6時間走って、最後TT王者を引き離すような独走して勝って、
そのあとのウィリー。

そーゆーサガンの意味のわからないくらいすごいところが大好きです!


終わってから、サガンカンチェラーラもインタビューを受けてましたが、
サガンは残り100km地点でホイール壊れて、前輪も後輪も交換してたそうだし、
カンチェラーラは、三回もバイク交換をしていたそうです。

やっぱり、一筋縄ではいかないレースなんだな。


表彰式で、100周年記念の金色の巨大なわっかをサガンはかぶってました。
ぶっといフラフープくらいの大きさでした。
巨大なドーナツに見えましたが、たぶん違うのだろうと思います。


あと、
同じチームでも、同じ国籍でもないのに、
サガンが優勝した直後にtwitter
「(イタリア語で)超おめでとう!!俺の友達、サガン!!」(注:意訳)
ってな内容をすぐにツイートしたニバリも、私はとても素敵だと思いました。

Amazon.co.jpアソシエイト