コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ヘント~ウェヴェルヘム 2016

ものすごい横風だったヘント〜ウェヴェルヘムですが、
レース残り約30km地点で、サガンカンチェラーラ、ヴァンマルク、クズネツォフ、が抜け出して、
そのままものすごい横風の中、四人で逃げ切りました!!

カンチェラーラの引きがすごい!!

残り15kmくらいからか、サガンがだんだん疲れた感じになっていって、クズネツォフはひかないし(その前に一人でずっと逃げてた)って中で、カンチェラーラがもう、圧巻の引きをします。

後ろからエティックス・クイックステップを中心にプロトンが追い上げてくるのに、
カンチェラーラが引くと、どんどん秒差が開いていくのです。
まさに、圧倒的。



最後の最後まで、四人で逃げて、
ラストは結局スプリント勝負!
ほとんど引かずにうしろについてたクズネツォフが仕掛け、すぐにまわりが反応。

サガンがすぐにクズネツォフの後ろについたけど、
クズネトォフが位置をずらしてカンチェの前に出る形。
サガンは一旦遅れた感じになって、でもそこからさすがのスプリント!!
そのまま圧倒的な加速で、

サガンが!!

サガンが!!!

サガンが勝った!!!!!

うわぁぁぁい!!


もともとサガンは大好きな選手なのですが、
去年世界選手権をとってから、ただでさえ目立つアルカンシェルを着てるのに、なんか出るレース出るレース、前年度優勝者が未出場のレースは背番号1番もつけてて、なんかもう「大変なんじゃないか」って勝手に心配してたのです。



アルカンシェルっていうのはですね、
世界選手権で勝った選手が、1年間着ることができる、特別なジャージです。

もともとロードレースって、自分の国のナショナル選手権優勝すると、1年かんは背中とか正面に、自分の国の国旗の色とかデザインをジャージに入れてもらえるのですね。

世界選手権をとると、当然世界で1位ってことなので、5輪の色(5大陸の色)がジャージに入るのですよ!!

このジャージのことを、アルカンシェルっていうのですね。


でもこれって要は、ずっと
「俺、今、世界で一番強い選手だぜ!」
って背中に書いてあるようなもんなんですな。

当然、他の選手からのマークとかも厳しくなって、戦いにくくなるわけです。

で、普通は背番号の1番ってのは、前年度優勝者がつけるので、
「俺、去年これ優勝したぜ!」
って、優勝してないのに背中に書いて有るようなもんなんですね。


なので、私は思ったのですよ。
アルカンシェル着て、背番号1番なんて、

「厳重な徹底マークよろしくな!」って背中に書いて有るようなもんじゃないですか!!


ただでさえ目立つのに、なぜそんな苦行を!!?
それがアルカンシェルをとった人の役目なのか……。

だがしかし!!


そんな背番号1をつけて、アルカンシェル着た状態で、
本日サガンは優勝したのです!!


表彰台では、笑顔で胸を右腕で叩くポーズ!

昨年ツール・ド・フランス第16ステージで2位に終わったときに胸たたいてゴールしたあのポーズが、
今や、サガンの代名詞となりつつあります。


カンチェラーラは今回は残念だったけど、
ただあのペースの作り方、引き方は本当にすごかった。
来週のツール・デ・フランドルや、その次のパリ〜ルーベもあるし、そっちに期待!!



余談ですが、

実は私、本日風邪をひいてまして、21:30くらいにJsportsオンデマンドに接続したのですが、
頭痛くてからだだるくて寒気ひどくて、布団から起き上がることもできない状態でした。

布団の横に置いておいたMacBook Airを震える指で起動してからは、レースの映像を流しながら、
布団ひっかぶってホッカイロと湯たんぽ装備して暖房かけて、
ガンガン鐘をつくような衝撃の頭痛をこらえがくがく震えながらレース見てたのですが、

残り30km地点くらいで、カンチェラーラがスピードあげてその後ろにサガンがついてって、四人で逃げ出る展開になったあたりから、なんか「病気どころじゃない」って体も思ったらしく、
何故か不思議とだるくなくなってきて、起き上がれるようになって、
ゴール残り5kmくらいのときには、なぜかすっかり元気になりました。



ロードレースってすごいな!!
すごい選手の走りは、人を元気にするんだな!!!


……ええっと。

興奮して一時的に体の不調を忘れてるだけな気はするので、動ける今の内に軽く胃に入れて、水飲んで寝ます。
おやすみなさい。

Amazon.co.jpアソシエイト