コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ダウンアンダー 第3ステージ

今日も今日とて、単独の逃げでした!
背番号93、アスタナのローレンス・デフリーズ。そんでもってやっぱり敢闘賞。

だがしかし!
今回はなんといってもゴール前残り6kmくらいのが一番の見所でした。
リッチーポートが山をぐいぐい登って行って、一気に引き離しにかかる!ををを!さすが!!
しかし。リッチー・ポートの名前を聞くと、どうしてもスカイジャージを一瞬探してしまう……。頭ではわかってるのに、どーもまだBMCにいるっていうのに、慣れないのです。
んで、残り5km弱くらいから、二人が先頭集団から飛び出します。

キャノンデールのマイケル・ウッズと、スカイのセルジオエナオ(解説の名前もわかんなかったし、日本語サイトがそれぞれ書き方違うので公式の英語そのままローマ字読みしました)!!
どーでもいいけどマイケル・ウッズにばっかりテンション上がりすぎだよ現地公式実況!!

二人でくいくい山を登って行くと、

坂が!下り坂が!!(⇦下り坂大好き)

よくよく見ると、二番目の集団の中で、ここでサイモン・ゲランスやローハン・デニスがくっと上がってくるんですよね。やはり下り大事。

残り3km付近で、先頭の二人は吸収。
ちなみに、ここの下り。
平均時速104.9km(笑)


ラストはもつれもつれて約10人のスプリント勝負!


BMCのローハン・デニスと、オリカ・グリーンエーッジのサイモン・ゲランスがほぼ同時にハンドルを投げ出した!

どっち!!?!?!


……。

あれ?
だれもガッツポーズしないぞ??

え、本人たちがどっちかわからないくらいの接戦?
そんなことあるのか。

ちなみに勝ったのは、サイモン・ゲランスでした。
せっかく勝ったのになんかかわいそうだなオリカ・グリーンエッジ。
スポンサー名、ゴール写真でしっかり出ないもんね。


でもまあ、勝利は勝利!!


……ちなみに、もちろんサイモン・ゲランスもオーストラリアの方。


本当に地元の人が強いレースなんだなダウンアンダー!!

Amazon.co.jpアソシエイト