読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ディメンションデータ、ワールドチームへ!!

おめでとー!MTNクベカ!!
 
 
記事内でも触れられていますが、来季チーム名ディメンションデータ(今季MTNクベカ。ロードレースチームはスポンサー名がほぼチーム名なので、大手のスポンサー変わるとチーム名変わることが多いみたい)は、アフリカ国籍のチームです。
 
今年のツール・ド・フランスでは、初日の個人TTの第一走者が、このMTNクベカのテクレハイマノットというエトルリアの選手でした。
 
このテクレハイマはエトルリア人では史上初めての山岳ジャージを
今大会の第6レースでを手にしますし、また第14レースでは、クベカのカミングスが、見事マンデラ・デーにステージ優勝します。
 
ツールにはいろんなチームが出ています。
強さでいうなら今年は優勝したフルーム率いるSKYや、2位のキンタナと3位のバルベルデ抱えているモビスターの方が多分強いし、コンタドールサガンがいるティンコフサクソや絶好調だったグライペルがいるロットソーダルのが派手で目立つんですけど、
……なんでですかね、MTNクベカは応援したくなるチームなんです。
 
 
他のチームは勝った時「すごいすごい!!」って思うんですが、
クベカは「やった!!」って気持ちになるんです。
 
強いこと、目立つことと、
共感を得ることは違うのですね。
 
アフリカ初の、UCIワールドチーム。
このチームが頑張れば、また自転車がもっともとっと世界中に広まるんだって希望が見えるのが、いいなって思います。
カヴェンディッシュも入るし、見所も満載。
来季も是非是非頑張って欲しいです。わくわく。
 

 

Amazon.co.jpアソシエイト