コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

しまなみ海道を走りたい 準備のお買い物

しまなみ海道に行くんだから、自転車用のズボンを買おう!

 
と思い立ち、仕事帰りに御茶ノ水のワイズロードに行きました。
 
そういえば、私だけでしょうか。
自転車ウェア買いに行くとき、すごくビクビクしているのって。
 
私、普段の服はほとんどマルイで買って終わりにするのですが、
ああいうファッションビルって、階自体がレディス階とメンズ階とかで分かれているので、服選ぶときに、男性が近くにいることって考えてみればないんですよね。
 
でも、普通、自転車のウェア売ってる自転車グッズ専門店って、
店員さんもお客さんも9割男性じゃないですか。
 
ものすごく遠慮する。
 
(ここの手袋コーナーは女性の小物もあるの!?それとも男性専用!?
試しに手にはめてみたら分かるかな、でもこれ男性ものだったら「何であいつ男性ものの手袋はめてるんだ?」とかって周りの人に思われちゃうよね変なやつだよねどうしよう!)
 
プチパニック。
 
当然試着もいろいろ申し訳なく
(ごめんなさい周りみんなレースとか出てる人たちなんですよね!?私ロード乗りじゃないんですロードじゃ!)
って頭ん中で叫んでるので、できません。
なので、羽織って試せる上着や、インナーはなんか勘で買えても、
自転車用のズボンはサイズ合わないの怖くて買えなかったんですな。
 
今回初めて行ったワイズロード御茶ノ水館は、なんとレディス館。
 
店員さんも女性しかいないし、クロスバイクがたくさん店頭に置いてあったので、ロードじゃない罪悪感も薄く、
小物もウェアも、迷うことなく全部女性ものだー!って前提で探せたので、すごくありがたかったです。
 
重宝しよう。
 
 
ん?
なんでレース観戦が好きなだけなのに、
しまなみ海道へそんなに行きたいのかって?
 
だってイノーさんも走ってるんだよ!!
5回もツール・ド・フランス優勝した『穴熊』ベルナール・イノーさんだよ!!
フランスから、さいたまクリテのために来日して、その後わざわざ四国まで行ってここ走ったんだよ!!
 
「あ。イノーさんがしまなみ走ってる。よし私も行こう」
ってなるじゃん!
 
ちなみに、私がベルナール・イノーにさん付けするのは、
我らワールドJ SPORTS の自転車実況&解説コンビの、サッシャと栗村さん)のお二人が、さいたまクリテの前夜祭で「イノーさん」って呼んでたのが伝染したからです。
 
刷り込みって怖いね。
Amazon.co.jpアソシエイト